眠る幼児

最適なベビー布団で赤ちゃんの睡眠を守る|初心者でも安心子育て術

赤ちゃんに快適な睡眠を

女の人と幼児

ベビー布団は枕やシートなどと一緒にセット販売されているので、気軽に購入できます。デリケートな赤ちゃんでも、気兼ねなく利用できるように、アレルギー反応が起きにくい素材を使用しましょう。

View Detail

質の良い眠りで情緒が安定

親子

一日を布団の上で過ごす赤ちゃんためには、たくさん寝れるように快適なベビー布団を用意する必要があります。成長するに連れてよく寝返りをするようになるので、動いても体温調節しやすい保温性のある布団を選ぶと良いでしょう。

View Detail

赤ちゃんの安眠のために

女の人と幼児

一日約20時間眠る赤ちゃんは、体が未発達で体温が高い上に調整が出来ず肌が敏感です。これらを踏まえて、赤ちゃんに適したベビー布団を選んであげることは非常に大切なことです。専門店や通販では必要なものをセットにして格安で提供しているのでそれらを購入すると便利です。

View Detail

赤ちゃんの過ごす場所

赤ちゃん

賢い選び方

赤ちゃんが生まれると、多くの方がベビー布団を買われます。ここでは、ベビー布団の選び方を紹介していきます。生まれたばかりの赤ちゃんは、多い時で1日16〜20時間寝るため、ほとんどの時間をお布団の中で過ごすことになります。また、赤ちゃんの骨は、未完成のため柔らかい布団に寝ると体が沈み、骨が変形してしまう可能性があります。そして厚すぎる布団も体温調節ができない赤ちゃんにとっては、熱をこもらせる原因になります。そのためベビー布団は、厚みが薄く固めの物を選べば、うつ伏せになっても顔が沈みません。それから赤ちゃんは布団の中でミルクを吐いたり、汗もかきます。そのため通気性や放湿性がある素材が使われていることも大切です。

工夫した使い方

ここでは、使い方を紹介します。赤ちゃんを寝かせる時は、ベビー布団の他に防水シーツやバスタオルやタオルケットは用意しておく必要があります。赤ちゃんは寝ている間も、たくさんの汗をかくので、敷布団の上にバスタオルを敷くと汗を吸水し、その上取り換えも簡単です。また、おむつをしていても尿や便が漏れることがあるため防水シーツをバスタオルやシーツの下に敷いておくと、敷布団を清潔に保てます。また、暑すぎる気温の日は、冷房を使うこともありますが、タオルケットを2枚用意しておけば、赤ちゃんの体温によって調節でき快適に過ごせます。また、肌の弱い赤ちゃんには、素肌に優しく刺激のないオーガニックコットン素材を選ぶと安心です。

Copyright© 2016 最適なベビー布団で赤ちゃんの睡眠を守る|初心者でも安心子育て術 All Rights Reserved.